発がん抑制効果もある!?健康維持に役立つサジードリンクの豆知識をご紹介

サジードリンクに利用しているサジーは、健康食品だけでなく医療の分野でも活用されていて医薬品になっているものも少なくありません。がん予防にも効果が期待されていてサジードリンクを日々摂取することで発がん抑制効果への期待もできるといいます。サジーには、健康維持や美容に欠かせない栄養素がたっぷり含まれているのですが、小さな果実でもありそのままでは食べることが難しいといいます。発がん抑制効果にも期待ができるサジーを摂取しやすくしたものがドリンク、これなら毎日手軽に続けることができるのではないでしょうか。

サジードリンクには200種類以上の栄養素がバランスよく含まれている

サジーには、200種類以上の栄養素がバランスよく含まれているといいますが、これだけ多くの栄養素が含まれている留意は、過酷な環境下で生き延びるために栄養を逃さない、このような特性を持つからだといわれています。このサジーを摂取しやすくしたものがサジードリンクで、ストレートタイプの場合は酸味が非常に強いので他の物と組み合わせて飲む人も多いようです。いろいろな栄養が含まれている中で、サジーにはビタミンCが豊富に含まれています。この成分は、美容にも健康にも大切なもので、強い抗酸化作用を持ちさまざまな物質の酸化還元反応にかかわりを持ち、さまざまな作用に役立つといいます。 いろいろな役割がありますが、コラーゲンの生成に関与しているのもビタミンCの役割の一つです。人間の体の基礎となるタンパク質の約3割はコラーゲンで、細胞同士をつなぐ接着剤のような役目を持ちます。これにより強い歯茎・骨・筋肉などを形成させているわけです。

サジードリンクはビタミンCが豊富!ビタミンCの主な働き

サジードリンクにはビタミンCが特に多く含まれています。この栄養素は、体を健康な状態に維持するために欠かせないので、多く摂取した方が健康な体づくりがしやすくなります。体内におけるビタミンCの働きでも特に重要なのは、タンパク質を作り出すための働きです。この栄養素がなければ作ることができないのは、体内にある細胞どうしを結びつけるために必要なタンパク質です。このような種類の物質が体の中で十分に作られることにより、肌を健康な状態に保つことができます。このタンパク質が十分にないと肌の状態が荒れてしまうこともあるので、美容に気をつかっている女性にとっても重要な栄養素です。この物質は、体内にある粘膜を正常な状態に維持するためにも必要なものです。体内にはさまざまな場所に粘膜上の組織があるので、これらの組織を維持するためにタンパク質が多く必要になります。この栄養素は体の中のさまざまなストレスを軽減できる働きもあるので、ストレスを感じやすい人にもサジードリンクはおすすめです。

サジードリンクに含まれるベータ―カロチンは過剰摂取の恐れがない

ニンジン・ほうれん草・春菊などの緑黄色野菜はビタミンAが豊富に含まれていて、日本人は約4割を緑黄色野菜から摂取しているといいます。皮膚・粘膜の維持および成長、視覚器官の正常化など多大な関係があり、不足すると夜盲症・皮膚乾燥・骨の発育不良・成長障害などに繋がるといいます。ただ、過剰摂取すると脱毛・嘔吐・激しい頭痛・下痢などの諸症状を引き起こすリスクがあるため注意しなければなりません。 さまざまな栄養素を含むサジーと呼ぶ植物の果実から抽出した液体を使ったサジードリンクは、健康効果や美容効果を持つことからも話題を集めています。サジーにはベータカロチンが含まれていますが、これは体内に必要な分量だけでビタミンAに変換する性質がある関係から過剰摂取のリスクがないといいます。また、サジーはアミノ酸の宝庫ともいわれていて、植物ではあるけれども全ての必須アミノ酸を含むなどの特徴もあります。ちなみに、疲労回復効果への期待ができるアスパラギン酸の含有量は果実の中でトップクラスです。

タンパク質を構成する20種類の栄養素の総称!サジードリンクはアミノ酸の宝庫

アミノ酸は体の基礎になるもので、タンパク質を構成してる20種類の栄養素の総称です。20種類中で9種類は人間の体の中では合成することができませんので、食べ物から摂取する必要があります。これは必須アミノ酸と呼ばれるもので筋肉を作ったり神経伝達物質の形成、そして脂肪燃焼および髪質のケアなどに役立てられる物質です。人体で作ることができないでの食事で摂取しなければならない、食生活が乱れている場合はともかく、普段の食生活でも必要量を得ることが難しいことからサプリメントに頼る人も多いわけです。ちなみに、これが不足してしまうと体力の減少・うつ病・肝臓病・動脈硬化などの原因になるやすいこと、さらに利尿作用・免疫力・神経機能の低下にもなるといいます。サジードリンクに利用するサジーと呼ぶ果実は植物ではあるけれど、この成分の宝庫であり9種類の必須成分を豊富に含んでいます。その中でも疲労回復効果への期待があるアスパラギ酸の含有量は、果実の中では最大です。

サジードリンクは全て含有!植物性食品に含有する抗酸化成分

植物性食品に含まれる抗酸化成分は、ベータカロテン・ルテイン・アスタキサンチン・リコピンなどのカロテノイド類、アントシアニン・ケルセチン・ルチン・カテキン・イソフラボンなどのフラボノイドなどのポリフェノール類、そしてビタミンA、ビタミンE、ビタミンCなどのビタミン類などがあります。サジードリンクの原料でもあるサジーと呼ぶ植物には、これら全て含有しているといわれています。 ちなみに、抗酸化力は、健康や美容に欠かせない力です。人間は空気を吸い、血液中にそれを取り込み生活をしています。しかし、酸素は体内で栄養素と結合してエネルギーになるわけですが、使われなかったものは活性酸素になり酸化の現象を引き起こしてしまいます。若い人は活性酸素を無毒化する酵素を多く持ちますが、これは加齢とともに減少してしまうため、生活習慣病や老化などに繋がります。サジードリンクは、酸化を防ぐさまざまな栄養素が含有されているため、これを日常生活の中で取り入れることで高酸化力が高まり活性酸素を無毒化して老化や生活習慣病のリスクを軽減してくれる、このような魅力的な効果を期待できるわけです。

抗酸化力は老化の原因でもある酸化を防ぐ力!抗酸化力が高いサジードリンク

サジーは小さいオレンジ色の果実ですがアミノ酸やミネラル、ビタミンが豊富で高い栄養価を誇ります。ドリンクやサプリメントなど様々な製品に加工されていますが、日本ではジュースが脚光を浴びます。ポリフェノールやビタミンC、ビタミンEを含むサジーのジュースは抗酸化力が高く健康維持に役立ちます。美容サプリメントにも配合されているビタミンCはコラーゲンの生成を助けて、鉄の吸収を促します。ビタミンEは血液の循環を促進させて、細胞膜を保護するビタミンです。 ビタミンCもビタミンEも抗酸化作用を持ち、活性酸素の働きを抑えます。 サジーには、不飽和脂肪酸や食物繊維も含まれています。 食物繊維は腸内環境を整え、不飽和脂肪酸は皮膚や髪の健康を保ちます。サジーを含むジュースやサプリメントは、飲みたい時に気軽に摂取できます。健康食品なので、飲む時間や回数は自由に決められます。 サプリメントは、バッグに入れて持ち運べるので便利です。

サジードリンクにおける機能性①心脳血管や循環系疾患に対しての作用

サジードリンクの原料でもあるサジーの果実は、奇跡の実と呼ばれることもあるスーパーフルーツの一つです。栄養がたっぷり含まれていて300種類近い栄養素が含まれている(2021年時点で299種類の含有が確認されています)、このような理由から健康や美容に気を使いたい人々からの注目を集めています。また、ドリンクに使用されているサジーは血行を促進させて血栓を予防するなど心脳血管や循環系疾患に対する作用への期待ができることも分かっているといいます。虚血性心疾患の冠状動脈硬化症や狭心症、心筋梗塞や不整脈、心筋酸素欠乏症の改善や脂質代謝改善効果があることが研究結果で分かりました。心脳血管以外にも、肝障害や消化器疾患に対しての作用への期待ができるとしており、医療の分野でサジーが活用され始めているようです。なお、肝障害や消化器疾患においては沙棘果実エキスの顆粒剤を、急性肝炎患者に対し2週間服用させたところ、肝機能が正常に回復しさらに性消化不良の治療や習慣便秘にも適用するといいます。

サジードリンクにおける機能性②肝障害や消化器疾患に対しての作用

サジードリンクは健康食品で、特別な副作用はないといいますが何等かの症状で通院している人や妊娠中の女性や妊娠の可能性がある人は、利用する前にかかりつけ医に相談をしておいた方が良いといいます。サジーを使った沙棘フラボノイド製剤は、虚血性心脳血管や循環系疾患に効果を持つ医薬品に使用されているなど医学の分野でも活用されていて、沙棘果実エキスの顆粒剤は肝機能が正常に回復されるなど肝障害にも効果があるようです。ちなみに、肝臓は臓器の一つで胃の右隣に位置しています。胸部および腹部を区別する筋肉の横隔膜の真下にあり、右上腹部の大半を占めるほどの大きさで1.2kg~1.5kgくらいの重量です。このことからも、人間の体の中でも最も大きい臓器ともいいます。主な働きは代謝・解毒・胆汁の生成および分泌で、肝障害を患うとこれらの機能が低下することになるわけです。お酒を飲む人は肝臓へのダメージが与えらえることからも、お酒を控えると同意に弱っている臓器をサジードリンクでサポートしてあげましょう。

サジードリンクにおける機能性③呼吸系疾患に対しての作用

サジードリンクは、一般の人々が通販を利用して購入できる健康食品の一つですが、ドリンクの原料でもあるサジーは医療の分野でも活用されていて沙棘果実エキスの顆粒剤や沙棘果実エキス製剤などが開発されました。薬の有効性も確認されていて、さまざまな疾患に対する有効性があることが臨床研究の中で分かりました。例えば、呼吸系疾患の領域では咳や喘息の症状改善が認められ、サジーを利用する製剤は呼吸系疾患治療薬で活用されていて、慢性気管支炎および老年性肺心症の特用薬としての有効性もあるようです。また、サジーは、心脳血管、循環系疾患に対する作用や肝障害および消化器疾患の治療にも役立てることができる、免疫賦活およびがん予防作用など、さまざまな疾患の領域での研究結果報告も多数存在します。慢性気管支炎・老年性肺心症の特用薬として蒙医薬の基準処方に収録されている、このようなことからも単なる健康食品ではなく幅広い領域での治療に役立てられていることが分かります。